コンピュータ業界から会計業界への転職

30歳になった時にコンピューター業界から全く畑違いの会計業界に身を投じました。会計業界に身を投じようと思った理由はコンピューター業界の激務に疲れたという事と将来的に独立して働きたいという希望を持っており、会計業界で税理士の資格を取得すればその目標を達成できるのではないかと考えた事が主な動機になっています。

続きを読む

事務職から介護職への転身

病院の総務部に勤務していた時、患者さんと直に接する機会がありました。そのような経験を何度か重ねるうちに、裏方で黙々と仕事をするよりも楽しいな、現場で働きたいなとゆう思いが芽生えてきました。現場の大変さはよく聞いていましたが、いつの間にかやってみたいと強く思うようになりました。

続きを読む

工場系の軽作業からテレアポの仕事へ

働く業種や職種が違うと体や精神的にかかる負荷や待遇、仕事をしている人の人種がこんなに違うのかと驚いたことがあります。私は大学を卒業後に入社した会社はスーパーマーケットの惣菜で調理のお仕事がメインでした。ですがサービス残業の多さに2年程で退社してしまった後はスキルもないし、資格もないしということで派遣で工場での軽作業の仕事をしていたんです。

続きを読む